オーダーメイド作品 作業の様子 建具・エクステリア

ホワイトオークで製作した玄関ドア 製作過程

今回はホワイトオークで製作した玄関ドアの紹介です。まずは木取りからのスタートです。 材は柾目で揃えました。そうしたら杢目も虎斑模様が入っていて中々良いものが入りました。材木屋さんに感謝ですね。 今回の ...

木工家具職人のお話

玄翁3種類

木工職人の話

道具のお話『だるま玄翁(げんのう)』

良く使う金槌(カナヅチ)ですが、自分が好きなのが『だるま玄翁』です!色々な金槌が有りますが、だるま型をした物が可愛くてこれにしてます。 でも、なぜ金槌(かなづち)を玄翁(げんのう)と呼ぶのか不思議に思い調べてみました。そしたら面白い話なのでご紹介します。 お気に入りの玄翁 昔の事です。 下野つけの国(今の栃木県)那須野が原に、世にも不思議な殺生石(せっしょうせき)という石がありました。 なんでも、「古狐(ふるぎつね)が化たそうな」と里人は口々に噂をしてたそうです。 殺生石は、広い十里四方もある野原に、昼夜 ...

記事を見る

宮川刷毛ブラシ製作所さんの刷毛

木工職人の話

道具のお話『刷毛(ハケ)』

木工に関する道具なども少しずつ紹介できたらと思いますが、今回は塗装に使う『刷毛』のお店をご紹介します。 手作りにこだわり、良い品を作る刷毛職人 刷毛は近くのホームセンターなどでお手軽に購入できますが、中々コシのある品が無くて、前々から探していました。 そして、見つけたのが、東京は台東区元浅草にある刷毛屋さんです。 名前は『宮川刷毛ブラシ製作所』さんと言います。 ここの刷毛屋さんはこの場所でもう何十年も創業しており、刷毛を手作りで作ってます。 以前はここのご主人と奥さんが切り盛りしてましたが、残念ながらご主 ...

記事を見る

家具塗装 木工職人の話

主にラッカー塗装で起きる白化(かぶり)について

塗膜表面にかすみがかかったように、白くボケてツヤがなくなる現象を白化(かぶり)現象と呼んでいます。 白化しているものです。かぶってると良く僕らは言います。 塗装の時に、溶剤の急激な蒸発によって空気中の水分が塗面上に凝結してツヤがなくなります。ラッカー系塗料に多く見られる現象で、高温多湿の時に良く起きます。解決策としては「リターダー」とか「ノンブラッシング」という呼び名で、溶剤の蒸発速度を遅くする溶剤を加えると防ぐことができます。 今回は全艶なのでこの艶にならないとまずいですね。

記事を見る

木工職人の話

道具のお話『スコヤ』

スコヤは材木に当てて毛引く(線を引く)時に使う物です。直角や45度に線を書いたり、スコヤを当てて丸鋸で切ったりします。 スコヤは、工具の一種で精度が求められる直角の確認と金属にケガキをする時、木材に墨付けする時に使用します。同様の工具に指矩(指金)がありますが、スコヤは指矩より小ぶりで、目盛りがせいぜい15〜18cm程度で多くはステンレス製(一辺が真鍮仕上げのものもある)で表裏共に目盛りがついており、L字型の形態のものです。主として模型製作のような、比較的小さく精密な寸法を要求される工作作業の際に、寸法を ...

記事を見る

木工職人の話

道具のお話『二丁鎌毛引き 金四郎作』

これは、無くてはなら無い道具の一つ『毛引き』です。材料に平行に浅い溝を引き、鋸の線や鑿を入れる線を正確に引きます。建具屋さん、指物屋さんはいくつもの毛引きを使い分けますね。正確な作業を行う方は必要に応じて数を揃えてます。 毛引きには一丁引きと二丁引きと二種類あって、自分は二丁引きを使っています。この金四郎作の毛引きのどこが良いのかということですが、他のと使い比べてみましたが、まず持った時に手にフィットします。これは正確に線を引いていくにあたって大事です。 実際のケビキの様子です。 また、最も大事なのは正確 ...

記事を見る

木工家具職人のお話 一覧へ

オーダーメイド家具作品の紹介

天然木の無垢材家具

木曽檜の無垢材で製作した仏像を乗せる台座

木曽檜で製作した仏像を乗せる台座がほぼ出来上がりました! 後は仏師さんが波打っている部分『裳(も)』を彫刻して、台座は出来上がりです。 このような台座を須弥座(しゅみざ)と言います! こちらの台座の土台部分は、留形隠し三枚接ぎという仕口で製作しました。その仕口の製作過程もアップしましたので、よければご覧ください。 留形隠し三枚接ぎの製作過程

オーダーメイド家具の詳細

天然木の無垢材家具

ケヤキの無垢材で製作した看板、ヒノキとレッドパインで製作した長椅子

今回はレストランの看板と外に置く長椅子を納品してきました。 看板はケヤキで、長椅子は座面は檜で、脚はレッドパインで製作しました! 依頼主さんも喜んでくれたので自分も嬉しいですね! こちらは、カウンターに置いてある小さな看板です。 ちなみに店の名前は『キッチンこいけ』洋食屋さんです! 住所は、東京都日野市落川454−3ハイネス車101 電話番号は042−506−5667です。 オーナーさんと息子さん二人で切り盛りしてますよ!特にチキンカレーがお薦めです! 時間がある方は是非食べに行ってみて下さい!

オーダーメイド家具の詳細

天然木の無垢材家具

ヨットに備え付けるチーク材の引き出しを製作

ヨットに備え付ける引き出しが出来ましたのでご紹介します! 材はチーク材、外用オイル仕上げです。 もともと使っているチーク材ともマッチして、よかったです!

オーダーメイド家具の詳細

オーダーメイド作品 天然木の無垢材家具

ボートの船室に折り畳み式テーブル

今回はボートの船室のテーブルの依頼です。元々付いていたテーブルが邪魔なのでそれを取って折りたたみ式にして欲しいとの事でした。 これが元々付いてたテーブルでした。これだと通りが狭くなってしまい不便だったそうです。それを今度はこれを無垢材の桑の木で製作します。 真ん中あたりで折り畳む用にしてみました。折り畳みからストレートにする仕組みを色々と考えてこんな感じで平板を通す感じで天板を一枚板みたいにすることにしたのです。裏側はこんな感じです。 落ち畳むとこんな感じになります。 こんな感じで折り畳めば素直に船室での ...

オーダーメイド家具の詳細

木工作品全般

ケヤキの無垢材から製作した料理用サラダボール

杢目が詰まったケヤキで製作したサラダボールです。 一枚の厚みのあるケヤキが手に入ったので、丁度良かったです。 塗装はシェラック塗装を施し、その上にガラスコーティングを施しました。 サイズ 直径24cm 高さ11.5cm です。参考上代 12,000円

オーダーメイド家具の詳細

オーダーメイド家具作品 一覧へ

木の温もりをくつろぎの空間に

木の自然な温かみと、風合いが特徴的な無垢材。

かなもくは、一生を超えて300年お使い頂けることを目指し、ひとつひとつ丁寧に仕上げて家具をお作りしております。

オーダーメイドの無垢材家具は、ご利用者さまのキメの細かなご要望にも、柔軟に対応させていただける世界にひとつだけのオリジナル製品作りです。

家具のちょっとした隙間や家具の入れ替え等で、置きたいスペースが決まっている場合など、様々なご要望にお応えすることができますので、お気軽にご相談ください。

無垢材家具の魅力

無垢の古材をリメイクして製作した長椅子

かなもくのこだわりのひとつである「無垢材家具」。

無垢の木と向き合い、木肌、木目、色、ツヤ、木の活かし方、自然の造形美、あらゆる角度から材木を見つめ、ひとつひとつの個性を活かしながら丁寧に作り上げていきます。

木の温もりを観じ、温かみのある家具に仕上がったら、心にも身体にも優しく落ち着いた一生のパートナーとして、あなたの人生に彩りを与えてくれることでしょう。

木は、一生あなたの側に寄り添います。

かなもくの家具工房

かなもくは、静岡県伊東市、大室山の麓『伊豆高原』に工房がございます。

日夜お客様のご要望に合わせてオーダーメイドの家具をお作りさせて頂いております。

日本全国、対応可能です