天然木の無垢材家具

フラワーエッセンス用展示台

今回はフラワーエッセンス・ナイチャーエンセンスを展示する台の製作です。材は国産材の栗です。 サイドの型紙を造りこれに沿って切っていきます。 治具を製作しルーターと言う機械を使って同じものを何個も造る為 ...

木工家具職人のお話

木工職人の話

檜風呂製作依頼

今回は檜(ひのき)で風呂を製作して欲しいとの事で依頼がありました。 一枚の板を3枚接いでいきます。今回は接ぎ合わせの時に板の木端に溝を掘りそこに小さな板をはめ込んでいきます。 これを雇い実(やといざね)と言います。今は接着剤の性能が上がってますので何もしなくて接ぐのも良いのですがこうしておくと接着面積が増えるので接着力が上がります。 この部分に接着剤を素早く塗っていきます。接ぎ合わせの時には強力な接着剤を使います。2液型の水性高分子イソシアネート系木材接着剤です。水性エマルジョンタイプ木材用接着剤ですね。 ...

記事を見る

家具塗装 木工職人の話

主にラッカー塗装で起きる白化(かぶり)について

塗膜表面にかすみがかかったように、白くボケてツヤがなくなる現象を白化(かぶり)現象と呼んでいます。 塗装の時に、溶剤の急激な蒸発によって空気中の水分が塗面上に凝結してツヤがなくなります。ラッカー系塗料に多く見られる現象で、高温多湿の時に良く起きます。解決策としては「リターダー」とか「ノンブラッシング」という呼び名で、溶剤の蒸発速度を遅くする溶剤を加えると防ぐことができます。 今回は全艶なのでこの艶にならないとまずいですね。

記事を見る

木工職人の話

木の杢目、こんなに種類・呼び名があります。

今日は以前にも紹介しましたが改めて杢目の事を紹介します。さまざまな本や銘木店で教えてもらったものを載せました。地方によっても呼び名が違うそうです。木目の紋様で、特に装飾性の高い美しいものを杢 (もく) と呼んでいますブナ科の虎斑(とらふ)やメープル等に現れる鳥眼杢(ちょうがんもく)、トチ、シカモア等の縮み杢(ちち”みもく)の他、縞杢(しまもく)、葡萄杢(ぶどうもく)、牡丹杢(ぼたんもく)、鶉杢(うずらもく)、如鱗杢(じょうりんもく)などがあります。 どれも希少価値が高い木材です。  代表的な杢目を紹介しま ...

記事を見る

木工職人の話

スコヤについて

スコヤは材木に当てて毛引く(線を引く)時に使う物です。直角や45度に線を書いたり、スコヤを当てて丸鋸で切ったりします。 スコヤは、工具の一種で精度が求められる直角の確認と金属にケガキをする時、木材に墨付けする時に使用します。同様の工具に指矩(指金)がありますが、スコヤは指矩より小ぶりで、目盛りがせいぜい15〜18cm程度で多くはステンレス製(一辺が真鍮仕上げのものもある)で表裏共に目盛りがついており、L字型の形態のものです。主として模型製作のような、比較的小さく精密な寸法を要求される工作作業の際に、寸法を ...

記事を見る

木工職人の話

二丁鎌毛引き 金四郎作

これは、無くてはなら無い道具の一つ『毛引き』です。材料に平行に浅い溝を引き、鋸の線や鑿を入れる線を正確に引きます。建具屋さん、指物屋さんはいくつもの毛引きを使い分けますね。正確な作業を行う方は必要に応じて数を揃えてます。 毛引きには一丁引きと二丁引きと二種類あって、自分は二丁引きを使っています。この金四郎作の毛引きのどこが良いのかということですが、他のと使い比べてみましたが、まず持った時に手にフィットします。これは正確に線を引いていくにあたって大事です。 また、最も大事なのは正確に線を引けることです。これ ...

記事を見る

木工家具職人のお話 一覧へ

オーダーメイド家具作品の紹介

天然木の無垢材家具

アンティーク調の家具の猫足スツール

以前に勤めていた頃に作っていた猫足の家具です! 刺繍を生徒さんが作りそれに合わせて家具を作ります。 猫足もいろいろな形のもを作りましたがこの形が好きですね! 手作りでないと作れないですね!でも今は3dプリンターで出来るのでしょうか。 塗装はラッカー塗装です。色はアンティーク調の色に仕上げてます! 写真はスツールですが余り座る人は居ないみたいですね。

オーダーメイド家具の詳細

天然木の無垢材家具

チークの無垢材で作った玄関先に置く小さなベンチ

玄関先に置く小さなベンチの製作です。 材はチーク材を使用してみました!外に強いチーク材。良いと思いますね! サイズは W800mm * D300mm * H420mm  です。 二人が座れるサイズですね!これで暫くは大丈夫でしょう。 塗装は外用のオイルを施しました!元々チーク材は塗装をしなくても腐らないので塗らなくても良いのですが、塗ると色艶が良いので施しました! 依頼主さんも喜んでくれたの良かったです。 参考上代 4万円です。

オーダーメイド家具の詳細

天然木の無垢材家具

栗の無垢材で製作したショールーム用の棚

今回は栗材で製作した天井高いっぱい迄の棚です。 自社製品を飾る棚だそうです。 横側の棚は一枚の板ですが、縦側の板は一枚一枚単独の板で蟻掛け吸い付きで組んであります。 サイズは2400x1500x320mmです。背が高いので組むのに足場板を造って作業をしました! 仕上げはナチュレオイル仕上げ。最後は蜜蝋ワックスでツルツルです。 栗は木目がはっきり出ていて、どこかアカシアの木に似てますね!少し柔らかな木です。

オーダーメイド家具の詳細

天然木の無垢材家具

大きな鏡の製作(ホワイトビーチ材)

ジュエリー屋さんで使う鏡です。大きな鏡ですね! 材はホワイトビーチを茶色に着色してラッカー仕上げです。 サイズは 600x1100 額縁の幅は6cm 大きいですね! でも良い色艶になって喜んで頂きました!

オーダーメイド家具の詳細

フラッシュ家具 天然木の無垢材家具

キッチンカウンターをクリの無垢材で装飾仕上げ

今回はキッチンカウンターを部分的に頼まれて製作しました。 トップはステンレスで仕上がってます。 引き出しや棚は全て無垢のクリ材を使用しました。 それ以外の箇所はフラッシュ工法で仕上げています。 中々良い具合に出来ましたね。使い勝手が良さそうなキッチンです。

オーダーメイド家具の詳細

オーダーメイド家具作品 一覧へ

木の温もりをくつろぎの空間に

木の自然な温かみと、風合いが特徴的な無垢材。

かなもくは、一生を超えて300年お使い頂けることを目指し、ひとつひとつ丁寧に仕上げて家具をお作りしております。

オーダーメイドの無垢材家具は、ご利用者さまのキメの細かなご要望にも、柔軟に対応させていただける世界にひとつだけのオリジナル製品作りです。

家具のちょっとした隙間や家具の入れ替え等で、置きたいスペースが決まっている場合など、様々なご要望にお応えすることができますので、お気軽にご相談ください。

無垢材家具の魅力

無垢の古材をリメイクして製作した長椅子

かなもくのこだわりのひとつである「無垢材家具」。

無垢の木と向き合い、木肌、木目、色、ツヤ、木の活かし方、自然の造形美、あらゆる角度から材木を見つめ、ひとつひとつの個性を活かしながら丁寧に作り上げていきます。

木の温もりを観じ、温かみのある家具に仕上がったら、心にも身体にも優しく落ち着いた一生のパートナーとして、あなたの人生に彩りを与えてくれることでしょう。

木は、一生あなたの側に寄り添います。

かなもくの家具工房

かなもくは、静岡県伊東市、大室山の麓『伊豆高原』に工房がございます。

日夜お客様のご要望に合わせてオーダーメイドの家具をお作りさせて頂いております。

日本全国、対応可能です