修理・リメイク

木製網戸の張り替え

今回は木製の網戸の張り替えです。破れと網を押さえている押縁も取れていました。 まずは網を外していきます。まだ本体の方は使えそうなのでそのまま網戸の建具は使います。戸車が動かないものと壊れているのがあっ ...

木工家具職人のお話

木工職人の話

檜風呂製作依頼

今回は檜(ひのき)で風呂を製作して欲しいとの事で依頼がありました。 一枚の板を3枚接いでいきます。今回は接ぎ合わせの時に板の木端に溝を掘りそこに小さな板をはめ込んでいきます。 これを雇い実(やといざね)と言います。今は接着剤の性能が上がってますので何もしなくて接ぐのも良いのですがこうしておくと接着面積が増えるので接着力が上がります。 この部分に接着剤を素早く塗っていきます。接ぎ合わせの時には強力な接着剤を使います。2液型の水性高分子イソシアネート系木材接着剤です。水性エマルジョンタイプ木材用接着剤ですね。 ...

記事を見る

家具塗装 木工職人の話

主にラッカー塗装で起きる白化(かぶり)について

塗膜表面にかすみがかかったように、白くボケてツヤがなくなる現象を白化(かぶり)現象と呼んでいます。 塗装の時に、溶剤の急激な蒸発によって空気中の水分が塗面上に凝結してツヤがなくなります。ラッカー系塗料に多く見られる現象で、高温多湿の時に良く起きます。解決策としては「リターダー」とか「ノンブラッシング」という呼び名で、溶剤の蒸発速度を遅くする溶剤を加えると防ぐことができます。 今回は全艶なのでこの艶にならないとまずいですね。

記事を見る

木工職人の話

木の杢目、こんなに種類・呼び名があります。

今日は以前にも紹介しましたが改めて杢目の事を紹介します。さまざまな本や銘木店で教えてもらったものを載せました。地方によっても呼び名が違うそうです。木目の紋様で、特に装飾性の高い美しいものを杢 (もく) と呼んでいますブナ科の虎斑(とらふ)やメープル等に現れる鳥眼杢(ちょうがんもく)、トチ、シカモア等の縮み杢(ちち”みもく)の他、縞杢(しまもく)、葡萄杢(ぶどうもく)、牡丹杢(ぼたんもく)、鶉杢(うずらもく)、如鱗杢(じょうりんもく)などがあります。 どれも希少価値が高い木材です。  代表的な杢目を紹介しま ...

記事を見る

木工職人の話

スコヤについて

スコヤは材木に当てて毛引く(線を引く)時に使う物です。直角や45度に線を書いたり、スコヤを当てて丸鋸で切ったりします。 スコヤは、工具の一種で精度が求められる直角の確認と金属にケガキをする時、木材に墨付けする時に使用します。同様の工具に指矩(指金)がありますが、スコヤは指矩より小ぶりで、目盛りがせいぜい15〜18cm程度で多くはステンレス製(一辺が真鍮仕上げのものもある)で表裏共に目盛りがついており、L字型の形態のものです。主として模型製作のような、比較的小さく精密な寸法を要求される工作作業の際に、寸法を ...

記事を見る

木工職人の話

二丁鎌毛引き 金四郎作

これは、無くてはなら無い道具の一つ『毛引き』です。材料に平行に浅い溝を引き、鋸の線や鑿を入れる線を正確に引きます。建具屋さん、指物屋さんはいくつもの毛引きを使い分けますね。正確な作業を行う方は必要に応じて数を揃えてます。 毛引きには一丁引きと二丁引きと二種類あって、自分は二丁引きを使っています。この金四郎作の毛引きのどこが良いのかということですが、他のと使い比べてみましたが、まず持った時に手にフィットします。これは正確に線を引いていくにあたって大事です。 また、最も大事なのは正確に線を引けることです。これ ...

記事を見る

木工家具職人のお話 一覧へ

オーダーメイド家具作品の紹介

天然木の無垢材家具

米ヒバの無垢材で製作したバーベキューコンロ台

今回は外にも置けるバーベキュー(BBQ)コンロ台です。 使用した材木は米ヒバの無垢材です!外に強い木でなおかつ、お手頃値段ですのでこれに決めました。 塗装は下地にシェラック塗装を施し、その上に外用オイルフィニッシュを塗りました!  色艶もちょうど米ヒバの味がでていますね。 落ち込みのガスコンロです。使わないときは、このコンロの上に無垢材の蓋が収まり、普段のテーブルとしても使えます。 サイズはW1200xD840xH710mm 参考上代 10万円

オーダーメイド家具の詳細

修理・リメイク

古材からリメイクした椅子、花台、ベンチ(杉無垢材に柿渋塗り)

昔住んでいた思い出の家の古材で造った家具達です。古材からリメイクして新しい家具として作り直しました。 これはお婆ちゃんが玄関で使う小椅子です! 靴を脱いたり履いたりする時に不自由だったので、小椅子を娘さんから頼まれました。 それと花台、外の庭で使うベンチを造りました! 材はすべて杉の無垢材です。まず柿渋を塗り、仕上げはオイルを施しました! 修理ができないような建具は、古材として利用し、新しい家具にリメイクすることもできます。 まだまだ使える無垢材は、いつまでも使い続けていきたいですね。

オーダーメイド家具の詳細

建具・エクステリア

木製建具『雨戸』(鍵は上げ猿)の製作

木製雨戸と上げ猿の製作過程についてはこちらの記事をご覧ください。 木製雨戸をご依頼いただき、製作させていただきました。 取り付けに手間をとりましたが、何とか無事に取り付け完了です。 こちらは、完成直後、取り付け前の状態です。 塗装は下塗りで、シェラック塗りを施して、その上にワトコの外用ティンバーガードを施しました。 上の写真はシェラックを塗ったところです。 こちらが雨戸の裏側です。鍵の上げ猿も上手く出来て良かったです。 取り付けもぴったりと収まりました。

オーダーメイド家具の詳細

天然木の無垢材家具

モアビの無垢材で製作した額縁

無垢材の額縁依頼です。材はモアビ南洋材です!綺麗な赤茶の木です。 シンプルでお願いしますと言う依頼でしたので、この様な仕上げにしてみました! サイズは560x840で木の幅は23mm 厚みは18mm  参考上代:2万円

オーダーメイド家具の詳細

天然木の無垢材家具

大きな鏡の製作(ホワイトビーチ材)

ジュエリー屋さんで使う鏡です。大きな鏡ですね! 材はホワイトビーチを茶色に着色してラッカー仕上げです。 サイズは 600x1100 額縁の幅は6cm 大きいですね! でも良い色艶になって喜んで頂きました!

オーダーメイド家具の詳細

オーダーメイド家具作品 一覧へ

木の温もりをくつろぎの空間に

木の自然な温かみと、風合いが特徴的な無垢材。

かなもくは、一生を超えて300年お使い頂けることを目指し、ひとつひとつ丁寧に仕上げて家具をお作りしております。

オーダーメイドの無垢材家具は、ご利用者さまのキメの細かなご要望にも、柔軟に対応させていただける世界にひとつだけのオリジナル製品作りです。

家具のちょっとした隙間や家具の入れ替え等で、置きたいスペースが決まっている場合など、様々なご要望にお応えすることができますので、お気軽にご相談ください。

無垢材家具の魅力

無垢の古材をリメイクして製作した長椅子

かなもくのこだわりのひとつである「無垢材家具」。

無垢の木と向き合い、木肌、木目、色、ツヤ、木の活かし方、自然の造形美、あらゆる角度から材木を見つめ、ひとつひとつの個性を活かしながら丁寧に作り上げていきます。

木の温もりを観じ、温かみのある家具に仕上がったら、心にも身体にも優しく落ち着いた一生のパートナーとして、あなたの人生に彩りを与えてくれることでしょう。

木は、一生あなたの側に寄り添います。

かなもくの家具工房

かなもくは、静岡県伊東市、大室山の麓『伊豆高原』に工房がございます。

日夜お客様のご要望に合わせてオーダーメイドの家具をお作りさせて頂いております。

日本全国、対応可能です