オーダーメイド作品 天然木の無垢材家具

椅子の代わりにベンチと孫用に踏み台製作依頼

先ず始めに木取りをして枘組(ほぞくみ)をするので加工していきます。

次は加工したものを組み上げていきます。この時締め付けるハタガネを利用すると便利です。無い時には自分で工夫して作って締め付けして下さい。この時には基本ですが接着剤を必ず着けて組み上げて下さいね。

で組み上がりましたので今度は脚と脚との間に貫を入れていきます。今回は蟻枘(ありほぞ)で組み上げていきます。

蟻枘です。

組み上がりました。座面は最後に着けていきます。今回の材はホワイトビーチです。

次は踏み台の製作です。こちらの材は米松のピーラーです。柔らかですが杢目が綺麗なのでこれに決めました。今では中々手に入らずあっても金額が高いですね。

台の加工です!脚は旋盤で加工していきます。

この穴の中に旋盤で造った丸棒を入れていきます。その時楔(くさび)を打ち込んで抜けないようにします。

写真では写ってませんが座面より出てる部分に楔を刺す為メス様に刻みを入れておきそこに差し込んでいきます。(写真を撮り忘れました)その時にも必ず接着剤を着けてていきます。今回は楔が目立つように黒っぽいウォールナットにしました。

黒い部分が楔です!

で出来合ったのがこちらです。今回はナツュレオイルで仕上げました、オイルフィニッシュですね!

丈夫に造ったので末長く使えるでしょう!

  • この記事を書いた人

かなもく

1961年東京都町田市で生まれ育ちました。 子供のころはまだ町田にも田んぼや畑が沢山あり、自然にあふれた町でした。 泥まみれで良く遊ぶ元気な子供でしたね。 この伊豆に来たのは1994年(平成6年)です。1996年(平成8年)に近所にある家具工房に務める様になり、そこで14年間近く務めました。 そして2010年に独立、今に至っています。

-オーダーメイド作品, 天然木の無垢材家具