ホーム>無垢材家具の良さ
注文家具『かなもく』

無垢材家具の良さ

暮らしやすい快適な空間へ

無垢材家具の調湿効果

無垢材家具には調湿効果があります。
湿度が上がると水分を吸収し、乾燥してくると空気中に水分を出します。
特にジメジメとした梅雨の時期や、冬の乾燥しやすい季節も、この無垢材家具が快適な空間へと調整してくれるのです。

また木材は、コンクリートの2倍と言われる断熱性を持っています。
断熱・保湿効果によって、冬の時期でも触れると温もりを感じることができます。
周りの温度に左右されにくいことから、夏は涼しく、冬は暖かい、自然のエアコンのような役割を果たします。

 

風合いのある自然素材と優しい感触

風合いのある自然素材

自然素材である木材の木目の模様は、もちろん一つとして同じものはありません。
木の持つ本来の美しさを残しながら、形にしていきます。
完成品は世界に一つだけの、完全オリジナルのものです。

また、木材の持つ自然の風合いは、年月とともに表情を変えていきます。時間の経過とともに、使用する人や環境に馴染み、そして独特の味わいが出てくるのです。

そして、その手触りからは、コンクリートやプラスチックといった化学製品のものとは違い、温かみ、ぬくもり、自然を感じることができます。