ホーム>かなもくの日々>木工職人工房の様子>店舗のドアの修理
注文家具『かなもく』
木工職人工房の様子

店舗のドアの修理

今回は店舗のドアの修理です。

下の部分が腐ってしまって開け閉めも上手くいかなくなり修理を依頼してきました。

 

201952195836.jpg20195219593.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中のガラスを破れないように慎重に抜いていきます。

ガラスの厚みが6mmあるのでかなりの重量でした。

サイズも800x2000mmぐらいの大きなドアです。

 

201952110040.jpg

ドアのバラシはこれで出来ました。

早速寸法を測り製作に入ります。

材は腐り難い米ヒバにしました。柔らかい木ですが腐り難いです。

先ずは上残、下残、框の木取りをして加工していきます!

枘組(ほぞ組み)で組んでいこうと思います。

 

201952110132.jpg2019521101355.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019521101445.jpg2019521101628.jpg鍵の部分の加工もしておきます!

 

2019521101715.jpg加工が出来ましたら内側の木場には先に塗装を施しておきます。

組んでからだと面倒になるのでこの部分だけは先に塗っておきます。

今回はガラスははめ殺しにしたので組む時にガラスも一緒に入れていきます。

これが結構大変でした!

 

2019521102124.jpg框と桟の結合部分です。バシっと決まりましたね!

 

2019521102258.jpg

ガラスも何とか上手く入って良かったです。

次に塗装をします。塗料は水性の塗料で外部にも強いキシラの塗料です。

マスキングをして塗っていきます!

2019521102529.jpgで塗装をし終わったドアです!

2019521102620.jpg

塗料が乾いたら取手や蝶番などの金物を取り付け出来上がりです!

取り付けた現場の様子は今度載せますね!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kanamoku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1559